NOTEQUAL

NOTEQUAL

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

『みんなの広場づくりワークショップ』のお知らせ

2018.11.30 /


昨年の福岡市都市景観賞の建築賞を、今年はグットデザイン賞も受賞された素敵な建物、福岡市東区の『なみきスクエア』の楽しい使い方をこどもたちと一緒に考える『みんなの広場づくり』ワークショップを行います。僭越ながら講師として明日はフィールドワークと夢を広げるブレストミーティング、来年2月頃にその実践編ということでみんなで考えたアイデアをもとに工作や設置のワークショップを行います。ぜひ親子で参加してください!

13時〜15時/参加費500円(お茶付)
ご予約は以下のリンク先よりお願い致します!

イベント詳細

書籍掲載のお知らせ

2018.11.26 /


2013年にスタートし、『自分たちでできることは自分たちですべてやる』をテーマに、半年かけて手造りした改修プロジェクト『cokeco革工房&ギャラリー』が、PIE INTERNATIONALさんから発売中の『グラフィックス×リノベーションでつくるこだわりのオフィスデザイン』という書籍に掲載して頂きました。書籍は、オフィスの規模別に『MEDIUM』『LARGE』『SMALL』と分類されていて、152ページ目の『SMALL』グループでご紹介頂いています。オフィスというより工房とギャラリーなのでテーマにあっているのかわかりませんでしたが、オファーを頂きましたので有難くお受けさせて頂きました。

規模も場所もテイストも背景もまったく異なる80件のオフィスデザインの事例が掲載されています。参考資料としても満足のいくボリュームと内容ではないかと思います。機会がございましたら是非ご高覧ください。

LiVES vol.98 掲載のお知らせ

2018.03.16 /


今月号の『LiVES(ライヴズ)vol.98』の
『建主の期待を超える!30代建築家指名リスト』
という企画コーナーにて、ピックアップして頂いています。
人に選んで頂けるということはとても光栄なことだと思います。
感謝と同時に励みにしたいと思います。
書店等でお見かけしましたらぜひご覧ください。

第11回 建築九州賞 佳作

2018.02.27 /


日本建築学会九州支部主催の『建築九州賞』に、
鹿児島のリノベーション住宅『鴨池新町の設い』が佳作となりました。

三次の現地審査から4ヶ月近く待っての公表で、
ようやくご報告ができ、ほっとしています。

近年増加するローコストリノベーションに対する1つの回答として、
既製品の多用でも、DIYでもない、
『設い(しつらい)』という考え方を用い、
より良質な空間創出を試みたプロジェクトです。

機会を頂きましたお施主さま、
丁寧に施工して下さった綴組の宮園さん、
ほかご関係者の皆様に
改めまして御礼申し上げます。


■選考結果PDF
http://news-sv.aij.or.jp/kyushu/sakuhinsho/PrizeInfo_PAK17.pdf

■鴨池新町の設い
http://notequal.jp/project/1349

建築九州賞2017 二次審査通過

2017.09.11 /

鹿児島の住宅改修『鴨池新町の設い』が、
日本建築学会九州支部主催の
建築九州賞2017の二次審査を通過しました。
応募数79作品中、今年は住宅部門から5作品、
一般建築部門から12作品が選出され、
10月中旬から12月初旬にかけて
三次審査の現地審査が行われます。
ご関係者の皆様、あと少しがんばります!

http://news-sv.aij.or.jp/kyushu/sakuhinsho/17-sakuhin.html

JID AWARD 2017 入選

2017.09.06 /

SPUMONI DESIGN STUDIOとの共同による
いとの森の歯科室が、
日本インテリアデザイナー協会主催の
JID AWARD 2017にて入選となりました。
1・2次、現地審査の3次審査、最終審査を経ての
結果で、とても良い経験となりました。
お施主様はじめ、ご関係者の皆様のお力添えに
改めまして感謝申し上げます。

<受賞結果>
http://jid-award.com//html/past_awards2017.html

9月22日に、新宿パークタワーにて授賞式が、
また、以下の日程で受賞作品展が開催されます。
お時間がございましたら是非お立ち寄り下さい。
作品展は、東京の後、名古屋、大阪、福岡を
巡回する予定とのことです。
日程がわかり次第、順次ご報告させて頂きます。

−−

<受賞作品展>
日時:9/21(THU)−9/26(TUE) 10:30−19:00
場所:東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE 6階ロードサイドスクエア
※入場無料

−−

<パートナー>
共同:SPUMONI DESIGN STUDIO
施工:松光建設
什器:牛島木工所
植栽:アトリエ木々
ツール:SOURCE DESIGN OFFICE
写真:針金建築写真事務所

蚤の市ご報告

2017.05.22 /


2日間とも快晴に恵まれ、護国神社蚤の市での
クラシノノミノイチvol.5は無事に終了しました。
おかげ様でスツールは完売、フレームも数点お買上げ頂きました。
今回の被災地への寄付額は、3000円となります。
もしかすると不在中でお会いできなかった方も
いらっしゃったかもしれませんが、
お立ち寄り頂きました皆様、
本当にありがとうございました。

クラシノノミノイチvol.5

2017.05.15 /


今週20日、21日の二日間で開催される
護国神社蚤の市にて出店する『クラシノノミノイチvol.5』に、今年も出店者として参加します。
クラシノを立ち上げたのが2012年。
僕がディレクターとして退いたのが2015年ですが、クラシノノミノイチも進化しつつ継続中。

昨年に続き、今年もほんの少し物販をします。
プロダクトデザイナーで友人の青野くん(HAPO)と一緒に作った、廃材木を脚に使ったオリジナルスツールのサンプル品、限定2脚と、『ぱん語辞典』『世界のかわいいパン』等で有名なぱんとたまねぎさんのかわいい一点もの原画イラスト入りアートフレームを販売します。
このアートフレームは昨年の熊本・大分震災のチャリティーとして製作したオリジナルで、
廃材木の無垢フレームに真鍮の釘で留めたシンプルなデザインのフレームとなっています。
アートフレームの売上の一部は熊本・大分への寄付とさせて頂きます。

どちらも世界に一点だけの限定アイテムですので
ぜひお見逃し無く!


−−−


護国神社蚤の市
http://g-nominoichi.petit.cc/banana/2178141

FORZA(クラシノ主催)
http://www.forzakyushu.com/blog/?p=5571

LiVES vol.93 掲載のお知らせ

2017.05.15 /


本日発売の『LiVES(ライヴズ)vol.93』にて、
『ちいさな家』を掲載頂いています。
自分サイズの家というテーマで
P12〜13に特集ページの表紙として、
P22〜25に取材記事が掲載されています。
お見かけされましたらぜひご覧下さい。


ちいさな家
http://notequal.jp/project/711