NOTEQUAL

NOTEQUAL

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

『みんなの広場づくりワークショップ』のお知らせ

2018.11.30 /


昨年の福岡市都市景観賞の建築賞を、今年はグットデザイン賞も受賞された素敵な建物、福岡市東区の『なみきスクエア』の楽しい使い方をこどもたちと一緒に考える『みんなの広場づくり』ワークショップを行います。僭越ながら講師として明日はフィールドワークと夢を広げるブレストミーティング、来年2月頃にその実践編ということでみんなで考えたアイデアをもとに工作や設置のワークショップを行います。ぜひ親子で参加してください!

13時〜15時/参加費500円(お茶付)
ご予約は以下のリンク先よりお願い致します!

イベント詳細

書籍掲載のお知らせ

2018.11.26 /


2013年にスタートし、『自分たちでできることは自分たちですべてやる』をテーマに、半年かけて手造りした改修プロジェクト『cokeco革工房&ギャラリー』が、PIE INTERNATIONALさんから発売中の『グラフィックス×リノベーションでつくるこだわりのオフィスデザイン』という書籍に掲載して頂きました。書籍は、オフィスの規模別に『MEDIUM』『LARGE』『SMALL』と分類されていて、152ページ目の『SMALL』グループでご紹介頂いています。オフィスというより工房とギャラリーなのでテーマにあっているのかわかりませんでしたが、オファーを頂きましたので有難くお受けさせて頂きました。

規模も場所もテイストも背景もまったく異なる80件のオフィスデザインの事例が掲載されています。参考資料としても満足のいくボリュームと内容ではないかと思います。機会がございましたら是非ご高覧ください。

日日堂 竣工

2018.10.26 /


二年前に設計をさせて頂いた住宅の一角をお店に改修しました。改修といっても、新たに内扉とサインベースをデザインして取り付けるというシンプルな内容で工期は2日。無事に完了し、お施主さまにも喜んで頂けました。

扉はお店の顔になる部分。既存のデザインとはあえて揃えず、ここだけのデザインコードとバランスでデザインしています。最近はデザインをする上でルールを信じ過ぎないように気をつけています。ルールは単なる規律であって必ずしも人の心を豊かにするものではないと考えるからなのと、ルールに頼り過ぎたデザインはまとまり過ぎるというか、その先が無いというか、限界がある気がするからです。サインベースは、お施主様デザインの素敵なロゴマークのついた琺瑯製サインを邪魔しないように、受けとリブを兼ねただけの素朴なものとしています。扉の木や真鍮の引手が経年変化するように、サインベースの仕上にも時が経つ程に徐々に変化する風合いを楽しめる(しかも耐久性も向上する!)少し特殊な塗装を施してあります。

しっくいの白い壁とガルバリウム鋼板のこれまた白いシンプルなとんがり屋根に、扉とサインが良く映えました。オリジナルの博多みやげのお店と伺っています。来月17日がオープンとのことで今からとても楽しみです。



かみさまがすまう森のアート展

2018.10.23 /


佐賀県武雄市のシンボル、御船山の麓に約50万平方メートルにもおよぶ『御船山楽園』と呼ばれる庭園があります。その御船山楽園を舞台に、チームラボが仕掛ける体感型アート展に参加してきました。実はこの展示、昨年7月から開催されていてずっと気になってはいたものの、夜間展示ということもあってなかなかタイミングをみつけられずにいました。そうこうしているうちに開催からあっという間に1年以上が過ぎ、、、いよいよ最終月がせまってきたところで無理矢理スケジュールをつくって遂に決行。アートという体(てい)ではあったと思いますが、どちらかと言うと体験型アミューズメントとしてとても面白かったので少し記しておこうと思います。ちなみに会期は今月29日までですので興味のある方はお急ぎください。

作品は、映像を現実世界に投影するいわゆるプロジェクションマッピングの手法を用いたものですが、その規模と演出にとても驚かされました。時間で変化する作品や、こちらの動作に反応する映像作品、自分が描いたイラストが生き物となって歩き回る映像作品など、見て、参加して、子供だけではなく大人も楽しいコンテンツが目白押し。体験型が特にインパクトがありましたが、個人的には森の奥に突如あらわれる滝の作品がとても美しく印象的でした。おそらく敢えてなのかなと思いましたが、水の音を再現せず、白糸の様な水流をひたすら流す映像に、ある意味現実味の無さを感じて良かったです。

色々と映像の面白さを書きましたが、この企画の一番のポイントは、実は映像作品そのものというより御船山楽園という豊かな庭園を夜中にハイキングしながら見て回ることの非日常性と、苦労(楽して得られない体験に対する充足感)にあるような気がします。直島や豊島、犬島の徒歩や自転車で島を満喫しながら巡るアートイベントの手法に近い感覚ですね。もちろんこちらは一組の表現者による一連の作品としてプログラムされている点で、内容や体験は根本的にそれとは異なります。

無理をしてでも行ってよかったと思える内容で、とても良い刺激を頂きました。

福津の現場

2018.10.02 /


福岡県では、新築住宅の上棟後に構造の施工状況を確認する『中間検査』を受ける義務があります。先週無事に合格し、台風の影響で若干工期の乱れはありますが、年内竣工を目指して鋭意進行中です!

建物はシンプルな片流れ屋根で、まわりの建物と同じ2階建てですが1.5階建てくらいの控え目な大きさとなっています。ボリュームを控え目にすることで屋内に丁度良い居心地が生まれていますが、屋内と連続する2.2mの軒下と大きな吹抜け、2つのトップライトによって狭い感じはありません。設計や空間の質は予算や仕様だけで決まるものではなく、一番大切なことは工夫やアイデアだと常々感じています。手癖を嫌い、当たり前を疑い、建築することの目的を常に考えながら、一手間、一工夫を大切に1つ1つ仕上げていきたいと思います。言うは易し行うは難し、ですが、がんばります。

7周年

2018.09.06 /


9月1日で7周年を迎えることができました。
ひとえに皆様方の支えのおかげです。
本当にありがとうございます。
また次の一年を精進していきたいと思いますので、
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

トラフ展と講演会

2018.09.06 /


数ある現役設計事務所の中でもとりわけ個人的に興味の高い設計事務所の1つ、それがトラフ建築事務所さんです。建築からイベント空間、プロダクトまで幅広く活動されており、しかしそのどれもが建築的な発想で解かれています。写真の『空気の器』は、建築を知らない方でもご覧になったことがあるのではないでしょうか。講演も共感できる部分も多く、参加できて良かったです。

展示はTOTOミュージアムにて12月23日までのようですので、興味のある方はぜひ。

ブルーノ・ムナーリ展

2018.09.06 /


先月会期を終えたブルーノ・ムナーリ展。
終わってしまってから記事を書くのもと思いつつも、本当に素晴らしい展示だったので忘備録として残しておこうと思います。

氏に関する個人的な事前知識と言えば、シンプルで美しく愛嬌のある数々の絵本と、氏がハーヴァードで行った講義を記録した本『デザインとヴィジュアル・コミュニケーション』しかありませんでした。
これはコミュニケーションを前提とする様々なデザインコードやパターン、その生成論、実験などを綴った学術本ですが、『絵本』のイメージとのギャップが激しく、その振れ幅故に、この人は一体何者なのだろうかと当時疑問が尽きませんでした。

時系列に並べられた展示は実に明快。
『役に立たない機械』からはじまる、氏の鋭い探究心と思想の振れ幅、そして最終的に至る『こども』への視座は、実に軽やかでどこまでも誠実であるように感じました。
例えば、絵画や彫刻に時間軸を与えてみたり、最新のデジタル技術もすぐさま逆手に取ってしまったり、芸術界のルールやコードをわざとずらして見せたり、晩年、ワークショップを通し、大人よりもこども達のためにその持てる思想の伝達を行ったり。
彼は、『芸術』といものを学術的に閉ざされた世界から引き離し、純粋な『表現することの楽しさ』や『自由』を教えてくれたのではないかと思います。結局のところ、ブルーノ・ムナーリとは何者であったのだろうか。偉大な美術家、思想家、デザイナー、教育者、、肩書きで捉えようとしてもとても1つの肩書きでは捉える事ができません。

話は逸れますが、本来、建築家という人種もこのように多岐にわたる人間でした。産業の分業化、専門化は資本主義にとって確かに一定数必要ではあるのかもしれません。しかしながら、要求が多様化している現代において、ムナーリが示してくれたように問題解決の方法自体を柔軟かつ多角的に俯瞰し、クリエイションできる人材は今後より必要とされると考えています(そのような人材が今後少なくなっていく気がする為でもある)。自分だけの様々な経験や思想を幾重にも積み重ね、感度を広げ、他人やAIにはできない何かを少しずつ育むことの重要性を改めて強く感じます。そして『建築』という経験は、きっとその基礎づくりに役立つとも。そういう意味で、アトリエ事務所も捨てたものではなく、建築を学ぶ学生のみなさまには是非がんばってほしいと思います。

個人的に閉塞感を感じている現代の建築やデザインの実情において、日頃考えていることに繋がるとても励まされる展示でした。

カメラを止めるな!

2018.08.21 /


今色々と話題になっていますね。
上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』を観ました。

兎にも角にも、製作費300万ぽっちでこんなに面白い映画を撮ったことに、本物のクリエイションを視たという一言に尽きます。別記事で書く予定ですが、同じ日にブルーノ・ムナーリの展示を観たのですが、何でもない材料を使って、軽やかにアートに仕立てあげるそのセンスと技術に通じるものを感じました。これは本当に実力がないとできないことですし、お金なんて無くたって、人をアッと言わせたり、固定概念を破り、感動を呼ぶものは創れるんだ、ということを教えてくれます。

純粋に、格好いいなと思います。