NOTEQUAL

NOTEQUAL

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

友永パン屋

2016.07.02 /

beppu_02
「創業大正五年」の老舗パン屋。
懐かしい味のバターフランスが何とも言えない良い感じ。
あんぱんも甘さ控えめで美味しかったです。

To BEPPU

2016.07.02 /

beppu_01 beppu_05 beppu_06
数年ぶりに別府に行きました。
先々で、町の方々と会話を交わす中で、
空襲の被害から逃れた街には情緒が溢れていますが、
それでも徐々に失われていくものもあることを聞きました。

文化的建物の改修がうまくいかなかったり、
趣きある銭湯が閉鎖したり、
「つくる」ことを仕事としている身として、
現地に住まう人々の生の声は、
とても胸に刺さるものでした。

閑散としていますが、
それも含めて別府は素敵な街です。

小沢健二「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」ツアー

2016.06.30 /

ozaken
ご縁があり、有難いことにお施主さまがご招待してくださいました。
実はライブが大好きで、学生時代は頻繁にライブハウスへと通っていました。
今は当時のようには行けませんが、それでも今年はすでに5つ目なので
まだ行けている方かもしれませんね。

・奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
・Cicada(台湾)
・AKIRA KOSEMURA
・わかまつごう
・小沢健二

みなさんはどのような音楽を聴かれますか?
今度是非、おすすめを教えてください。

義援金のご報告

2016.07.01 /

frame
5/28護国神社蚤の市での売上げの一部8000円を、
熊本城災害復旧支援金として寄付させて頂くこととなりましたのでご報告させて頂きます。
ご協力頂きました皆様に、この場を借りまして御礼申し上げます。
まだいくつかフレームは残っており、継続して活動していきたいと思います。
ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ぱんとたまねぎ林舞さんの原画イラスト入り
オリジナルデザインフレーム3800円です。
ポストカードくらいのサイズです。

護国神社蚤の市vol.25 出店のお知らせ

2016.05.15 /

nominoichi
熊本・大分の震災からひと月が経ちました。
様々な想いが交錯しうまく言葉にできませんが、
被災地への関わり方は、きっと人の数だけあるのだと思います。
心で憂うだけでも思いやりだと思いますし、
行動することも同じように美しいと思います。
被災地の方々の心身や生活が、
1日も早く穏やかなものになることをお祈り申し上げます。

この度、FORZAさんより出店のお声かけを頂き、
誠に微力ではありますが、プロダクトデザイナーの青野浩千加くん(HAPO)と協同し、
端材でつくったポストカードサイズのオリジナルフレーム※を製作・販売、
売り上げの寄付を通して、心ばかりですが応援をさせて頂くこととなりました。

また、今回は『パン語辞典』の著者でありパン愛好家、イラストレーターの
林舞さん(ぱんとたまねぎ)にご賛同頂き、(本当にありがとうございます!)
『くまもとおおいたふっこうをおいのりします』
の各頭文字から連想されるイラスト原画とフレームの限定20セットを販売いたします。

イラストもフレームもすべて1点ものです。
ぜひ手にとってみてくださいね。




日時:5/28(SAT) 9:00 -16:00/雨天決行
場所:福岡市中央区六本松1-1-1 参道中央広場奥「クラシノ」ブース内(黄色のテント)





今回のフレームは、2014年よりNOTEQUAL有吉弘輔とHAPO青野浩千加が取り組む
廃材木プロジェクト』の最後の残材を用いてつくられます。廃材木プロジェクトは、捨てられるはずだった1トントラック一杯の端材を空間やプロダクト、燃料など様々な場所、用途として再び命を吹き込む行為を通し、「廃棄物」や「ごみ」とは何なのかを改めて考え直すことを目的とした自主活動です。

albus & trene 7周年

2016.05.01 /

trenealbus
昨晩は知り合いのお店の7周年のお祝いでした。
いつまでも続いてほしいと思える場所です。
おめでとうございました!

文房具とパン

2016.04.29 /

429_1 429_2
プレイズストアさんで文房具を少し、
うーぱんベーカリーさんでパンを少しだけ購入。
なかなか頻繁には寄れないけど、
ゆったりと過ごせる素敵な場所です。
今日は、まるで昨日の雨が嘘のような天気です。

撮影

2016.03.31 /

blog
昨日は一日撮影の立会いでした。

料理で和食や洋食、中華と専門が分かれているように、写真にも建築の専門分野があります。
建物のコンセプトや構成を理解しながら、季節や時間、方角で変化する自然光を巧みに操り、陰影や抑揚、明快さや美しさを1枚の写真に納める技術にはいつも感動します。

竣工写真を掲載しましたら、改めてお知らせさせて頂きますね。

ご訪問

2016.03.14 /

interior_01 interior_02
近くによることがあり、先月お引渡しさせて頂いた住宅をお訪ねしました。

中はまだまだ整理の途中でしたが、少しずつ良い雰囲気が出てきているのを感じました。
商業地域に建つ、建坪12坪、述床21坪のコンパクトな住まいですが、そうであることを忘れそうな静けさや明るさ、大らかさを感じる住まいがつくれたように思います。
今後ご家族がどのように住みこなしていかれるかとても楽しみです。

竣工

2016.03.08 /

live_01 live_02 live_03 live_04
須恵町で進んでおりました動物病院がついに竣工しました。

先生、スタッフ、デザイナーさん、職人さん、業者さん、実に多くの方々と膝をつきあわせて、ひたすらに向き合ってきたプロジェクトです。長いようで短い1年半であったように思います。

残工事を完了させ正式な撮影ができ次第、ご関係者のみなさまのクレジット表記も含めてあらためてご報告できればと思っています。

先生はじめ、ご協力頂きましたご関係者、また、内覧会へ脚を運んで頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。