NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.




















DENTAL CLINIC IN ITONOMORI

いとの森の歯科室

森に囲まれた1180㎡の敷地に、たった2席だけの歯科を計画した。

福岡県糸島市、ここは福岡市に程近い立地でありながら、豊かな自然に恵まれた福岡でも特に人気のエリアである。敷地は、その中でもとりわけ海に近く森に囲まれた環境にあった。およそ商業には向かない立地と、にわかに信じ難い収益席数の中、それでもこの地で開院しようとする施主の決意と意思に共感し、この大らかな環境に真にふさわしい空間の有り様を思考した。

敷地周囲には、クヌギをはじめとした雑木林が生い茂り、その中に様式の異なる2棟の木造住宅が向かい合って建っていた。この既存の2棟の1つを歯科に、もう1つを院内カフェに改修し、双方を屋内としてつなぎ、同時に外部と連続していくホールを増築した。

ホールは、待合であり、風除室であり、コンサート会場であり、プレイルームであり、そして誰もが気ままに利用し寛ぐことのできるリビングである。ここでは月に1度、音楽コンサートが開かれ、季節の良い日は、特注の木製引戸を開放することで庭と一体的に使用できる。このように、ホールは特定の機能や用途を持たず、隣接する歯科やカフェ、中庭やアプローチとの間にゆるやかな関係性を築く触媒として存在する。

この軽快なホールの実現にあたり、構造では、内部に壁を設けないことを特に重視した。既存の2棟を梁で連結し、各々独立していた構造物を一体とすることで、水平荷重をすべて既存側で処理することが可能となった。一方、歯科棟は、天井解体後の木造トラスが美しく、大らかな診療空間とする為に、構造を表し屋根裏を見せる造りとしている。

いとの森の歯科室は、従来のクリニックが発想し得なかった、プリミティブな人の居場所の必要性を直感し、構想し、計画した点で新しい。地域に開かれ、恵まれた環境と最高のおもてなしが迎えてくれる、ホスピタリティ溢れる医療行為の理想の姿が、この場所にはある。

Detail

計画地

福岡県糸島市

用途
歯科医院
種別
増築・改修
構造
木造
規模
平屋
敷地面積
1181.77m²
改修面積
156.49m²
竣工日
2016.12
竣工状況
竣工
ウェブサイト
https://www.ito-mori.com

Partner

プロジェクトパートナー
有吉祐人 | spumonihttp://spumoni.tv
施工
村松健太・宮嵜博典 | 松光建設http://asemamire.com
什器・サイン製作
牛島基博・康介 | 牛島木工所http://ushimoku.org
照明協力
岡健一郎 | 大光電機http://www.lighting-daiko.co.jp
植栽
溝口朋子 | アトリエ木々http://ateliermokumoku.com
ロゴ・サインデザイン
有吉祐人 | spumonihttp://spumoni.tv
ツールデザイン
兼行智虎 | Source design officehttp://www.source.jp
写真
針金洋介 | 針金建築写真事務所http://hariphoto.net

Other Project