NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.





































Single-roofed House

あけぼのの片屋根

 いわゆる戸建開発エリアの縁(へり)にぽっかり売れ残った旗竿敷地、それが今回の計画地である。住宅街に面する「竿」に対し、南側の「旗」部分には、車両の通れない遊歩道と緑あふれる豊かな景観が広がっていた。このような状況においては、一般的に住宅街側に玄関を設け、その反対となる南側の静かな庭をプライベートゾーンとして設計することがセオリーであるように思われるが、ここではその逆で、玄関を南側に設けプライベートゾーンを住宅側に寄せることを考えた。理由はとてもシンプルで、北側の暗い玄関から出入りするよりは、南側の気持ちの良い環境から出入りできた方が断然気持ちが良いと思ったからである。この場合、南側は当然開きたいので、同じ南側の開口部面に玄関を設けることとなる。

 一方、この敷地に身を置いて真っ先に感じたことは、この環境で計画されるべきは『箱』ではなく、『屋根』であるということであった。『箱』は環境から住まいをバッサリとえぐり取るというニュアンスに対し、『屋根』はやんわりと境界を規定するというニュアンスである。敷地に一枚の屋根をふわりと設けることを発想の起点とし、軒や土間、開口部の設計、そしてワンルームや一部2階建という構成を組みあわせることで、南側の静かで豊かな環境をグラデーションのように徐々に住戸内へと引き込むような計画とすることがふさわしいと考えた。

 南側の外部環境を最外端とすると、最内端は水廻りや個室といったプライベートスペースとなる。この最外端と最内端をグラデーショナルに接続させるように、ワンルームの中間部は1つではなく幾重にもなっている。最外端(開かれた外)→視線を遮る塀で囲われた屋外としての中庭(閉じ気味の外)→雨に濡れない軒下の外部(内的な外)→ 玄関を兼ねた縁側のような屋内の土間(外的な内)→土間から1段上がった板張りのスペース(開かれた内)→最内端(閉じ気味の内)、といった具合に屋根による天井高さや床レベルの変化、仕上の使い分け、ボリュームコントロール、間取り等によって、環境と住空間が分断されることなく、グラデーショナルに連続する住まいが実現している。

 また、建物の最高高さは外壁材が最大2枚で張りきれる高さを超えないことを制約とし、同じ素材による塀は規格寸法を綺麗に2等分した寸法を基準とした上で、外壁と下端が揃うように綿密に計算されている。さらに内部登り梁も910ピッチで統一され、屋根下地1枚で無駄なく張っていける寸法となっている等、端材や手間が最小となるような配慮が各所に散りばめられている。

Detail

計画地

福岡県福津市

用途
戸建住宅
種別
新築
構造
木造
規模
2階建
敷地面積
271.86m²
建築面積
78.48m²
延床面積
91.72m²
竣工日
2018.12
竣工状況
竣工

Partner

施工
村松健太・山下弘希 | 松光建設http://asemamire.com
写真
針金洋介 | 針金建築写真事務所http://hariphoto.net

Other Project