NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

現場

2016.08.11 /

DSCF3301
1つの現場がはじまっています。
まるで空気のような、
でも確実に必要であるような、
そしてその上で”らしさ”がにじみ出るような、
そんな最小限の存在感で取り組むこと。
その結果に興味があります。