NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

TO SCANDINAVIA 4th day Vol.1

2022.01.05 /

●北欧4日目(①〜④)

①ヴァルタハムネン・ターミナル → ②徒歩&トラム → ③バーンズホテル → ④スカンセン → ⑤夏至祭 → ⑥徒歩&フェリー → ⑦ガラムスタン → ⑧夕食

4日目その1。(3日目はこちら/旅初日はこちら)シリヤラインで国境を越え、フィンランドからスウェーデンに入りました。宿泊予定のバーンスホテルに向かうべくストックホルム市街地を目指します。移動にはトラムを利用しますが、トラムの駅がヴァルタハムネン・ターミナルと直結しているわけではなく、わずかなサインを頼りにそこそこ歩く必要があります。ストックホルム全体に言えることですが、トラムのホームにはアートがたくさんあって、市民レベルでの文化意識の高さを感じます。1863年開業のバーンズホテルは150年の歴史ある4つ星ホテルです。オプションの朝食をつけてもらいましたがこれが正解。後日詳しくご紹介します。













ホテルにチェックイン後、この日一番の目的〔夏至祭〕に参加すべくスカンセンを目指します。スカンセンは広大な敷地に野外博物館や動物園、遊園地などがありちょっとしたテーマパークのようです。この敷地内に夏至祭の会場があるのですが、如何せん広すぎるし文字読めないし英語カタコトだしでなかなか会場にたどり着けないというハプニングが。まぁ迷子になっている間も旅の醍醐味ということで、のんきに出店でサワークリームを和えた鹿肉を食べたり、ミートボールやクレープを食べたり、路上の歌や演奏を聴いたり、伝統的な建物を再現した建物や物販小屋をのぞいたり、地ビールを飲んだり、自然や野鳥を愛でたり、、すっかり楽しんでしまいました。夏至祭目的で訪れましたが、なかなか楽しめるスポットでしたのでお時間のある旅行をされる方にはおすすめです。(お時間のない方はガラムスタン旧市街を優先されると良いかと思います)























次回、いよいよ夏至祭に参加します!

続く