NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.2

2015.10.20 /


IMG_8469

無印良品が提案する「感じ良いくらし」。
MUJIキャナルシティ博多店2階の「OpenMUJI」では、
みなさんそれぞれの「感じ良いくらし」について考え合うためのプラットフォーム
SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」という企画が先月よりスタートしています。

前回のvol.1では、僭越ながら僕自身がゲストとして参加させて頂きました。
今回のvol.2では、Newvillage&Projects代表の新村朝和さんにご登場頂き、
暮らすための「サイズ」という視点から、氏が実際に取り組まれている50㎡に4人で暮らす実験談や、
今考えられていることなどをお聞きし、みんなで話し合うことで、
これからの暮らし方の一つのヒントが何かしら見えてくれば良いなと思っています。

不動産コーディネーターという少し聞き慣れない肩書きで活動されている
新村さんのトークとささやかな展示をぜひご覧になってください。

http://www.muji.net/mt/events/event/028199.html
http://newvillage.in

題名:SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.2
日付:2015/11/1(展示は10/26ー11/1まで)
時間:13:00ー15:00 120分
場所:MUJIキャナルシティ博多2階OpenMUJIコーナー
定員:20名(ご予約されるとスムーズです)
予約:092-282-2711 / 10:00ー21:00(MUJIキャナルシティ博多)
参加:無料

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.1

2015.09.22 /

SIZE OF LIFE
openmuji

無印良品が提案する「感じ良いくらし」。
MUJIキャナルシティ博多店2階の「OpenMUJI」では、
みなさんそれぞれの「感じ良いくらし」について考え合うためのプラットフォーム
「SIZE OF LIFE」というイベントが今年からスタートしています。

NOTEQUALでは、今回その下半期のコーディネートを担当させて頂くことになりました。
リズムデザインの井手さんとMUJIでつくりあげられたコンセプトを大切にしながら、
下半期では「暮らしの抽(ひ)きだし」と題し、参加者のより身近な内容にフォーカスし、
地元で活躍する様々な分野のクリエイターの方々独自の感性や体験、エピソードを通して、
暮らしのアイデア、視点、価値観を引き出していきたいと思っています。

その初回となる10/4(SUN)は、僕自身がゲストとして参加させて頂きます。
ご興味がございましたら、ぜひお友だちとご一緒に遊びにいらしてください。
また、トークイベントに合わせ、9/28(MON)ー10/4(SUN)までの1週間、
同会場にてささやかな展示も行わせて頂く予定です。
お時間ございましたら、そちらもご高覧頂ければと思います。

http://www.muji.net/mt/events/event/028034.html

題名:SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.1
日付:2015/10/4(展示は9/28ー10/4まで)
時間:13:00ー15:00
場所:MUJIキャナルシティ博多2階OpenMUJIコーナー
定員:30名(ご予約されるとスムーズです)
予約:092-282-2711 / 10:00ー21:00(MUJIキャナルシティ博多)
参加:無料

おそとリビング

2015.09.10 /

•–Ê_ol.jpg
’†–Ê_ol++
•–Ê_ol.jpg

10月10日〜12日、アイランドシティ中央公園で開催されるピクニックイベント
「おそとリビング」の会場構成をお手伝いさせて頂きます。
イベント当日は、開放的で気持ちのよい園内に人のよりどころやイベントを彩るコンテンツ、
または会場装飾のベースとなる「原っぱのティピー」がちりばめられる予定です。
ご家族で楽しめるイベントだと思いますので、お時間ございましたらぜひお越し下さい。
以下リンク先下段にて、詳しい内容の載ったフライヤーをダウンロードできます。

http://www.udcic.jp/blog/2015/09/09/1992

ロゴもオープン

2015.08.31 /

logo

お気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、
サイトオープンにあわせてロゴを新調して頂きました。
デザインはテツシンデザインオフィスの先崎さん
お忙しい中、本当にありがとうございました。

なんとも言えない不思議なロゴができました。笑
意味については触れませんので、どのように感じたか、
よろしければぜひ感想をお聞かせくださいね。

ということで、ロゴ、ウェブ共々よろしくお願いいたします。