NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

rooms32 展示什器

2016.02.20 /

rooms_1
rooms_2

シンプルな一枚布をデイリーバックに変える「ふろしきハンド」で有名なウォーク社。
テツシンデザインオフィスの先崎氏からのお声掛けで、その新ブランド「スナップピアス」の展示什器の設計と製作をお手伝いさせて頂きました。

会場は、H.P.FRANCEが主催するファッションとデザインの合同展示会「rooms」。
本会で32回目の開催を迎える実績ある展示会は、様々な出展や工夫で溢れ、ててて見本市2016や東京インターナショナルギフトショーを巡る前回の東京出張に続きとても良い刺激になりました。

須恵町の現場

2016.01.06 /

genba

昨年末に外部足場が外れ、ついに外観があらわになりました。
現場では内部のつくりがどんどん進んでいます。
天気の良い日は自然光だけでも十分そうです。

上棟式

2015.12.12 /

jyoto

先週、福岡市内で工事中の住宅が無事に上棟しました。

住宅の屋根のてっぺんにある梁を棟(むね)と呼ぶのですが、その棟が最後に組まれることで建物の構造、つまり骨組みが完成します。
棟が上がることで骨組みが完成することから上棟と呼ばれ、上棟式ではその棟上げを祝い、大工さんを労い、引き続き工事の安全を祈願します。

上棟式の後には餅まきを行いました。
災いを祓い、みんなで喜びや福を分かち合う、
ご近所のみなさんとのお近づきのご挨拶のようなものです。

新たな土地に住むということは、ご近所さんにとっても建主さんと同じくとてもナイーブなこと。
上棟式や餅まきは、実は失われつつある風習ですが、そのような丁寧な人肌感覚はいつの時代でも大切なことだと思っているためできるだけ行うことをおすすめしています。

TO GOSHI

2015.11.18 /

IMGP2155
IMGP2158
IMGP2188

縁あって、本格的に活動をはじめたばかりの若い陶芸家のもとを訪ねました。
場所は熊本県合志市。のどかな宅地の中に佇む建材倉庫跡をアトリエとして使用しています。
作業場は手製の木柵で囲われていて、倉庫の裏には野菜畑が、
敷地のコーナーには味わいのある樹木が1本、見守るように立っています。
今後手を加えていけば、もっともっと良い雰囲気の空間になるはず。
本題もそこそこに、そんな頼まれてもいない楽しい想像を交えつつ、
ゆったりとした時間をしばし過ごさせて頂きました。

地鎮祭

2015.10.24 /

IMGP2091

お祝いごとは、やっぱりお日柄が良いと最高ですね。
土地に敬意を払い、これからのご家族のご多幸と、工事の安全を祈願しました。
最近は地鎮祭を行わないケースも増えてきていると聞いたことがありますが、
メンバーがあらためて気持ちを一つにする為の大切な行事だと僕は思います。
来月からいよいよ着工です。

棟上げ

2015.09.30 /

jyoto1
jyoto2

本日、無事に棟(むね)があがりました。
なんだか変わったシルエットですが、
右後ろに見える2つこぶの山と
左側の住宅群の勾配屋根との調和を意識しています。

この2つこぶの山は、実は「ボタ山」という
石炭の採掘時に出る廃土や廃石を積み上げてできたものです。
ボタ山は炭坑の歴史を象徴する山で、
街にとっても貴重な景観となっています。
(厳密には2つこぶ部分以外もボタ山)

棟上げは、建築の現場でもっとも多くの大工さんが集まる工程です。
基礎しかなかったところに皆で協力して一気に建ち上げる様は、
何度みても感動します。

配筋検査

2015.09.12 /

haikin

今日は午後から基礎の配筋検査でした。
木造で柱のない広々とした空間をつくるため、いつもより丈夫な基礎をつくります。
一部スパン8mのところの基礎梁の鉄筋は、なかなか迫力があります。
来月初旬頃には上棟予定です。

小さな住宅

2015.08.31 /

#HS-07 HOUSE C

小さな住宅を計画中です。
素敵なご夫婦のための、飾らない住まいをつくります。
いつものごとくヘンテコなかたちですが、
きっと良い空気が流れてくれると思います。

須恵町の現場

2015.08.31 /

ƒŠƒ”ŠOŠÏƒp[ƒX
150419_“àŠÏƒp[ƒX

とある動物病院の移転計画を進めています。
人も動物も、ともに快適にすごせるような空間をご提案しています。
雨が続いていますが、これから基礎を造っていくところです。
来春完成予定ですのでお楽しみに。