NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

天窓

2016.02.04 /

写真 2016-02-02 10 17 02

天窓のある住宅をつくっています。

窓を窓っぽく見せる一番の要因は枠の部分なので、ここの現場ではどこに立っても窓枠が見えないつくりにしました。
まるで天井にぽっかりと穴が空いていて、そのまま空とつながっているように見えます。

窓が住宅につくことは必要なことで避けられませんが、毎日目に入る部分なので、どうせなら美しかったり感動的な方が良いなと思いました。
とくに天窓は「見上げる」という能動的なアクションを伴うので、わざわざ見上げた先は少し情緒的でも良いような気がしています。

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.5

2016.01.26 /


CIMG2653

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」最終回のゲストは、「まちとひとの未来の発明家」という不思議な肩書きをお持ちの下野弘樹さん。街と人をつなぐ為のきっかけづくりや場づくりを行っている下野さんのお話を通して、これからの暮らしを考える上での新たなヒントが抽出できればと思います。

これまで「暮らしの抽きだし」では、これからのより良い暮らしを考える上で僕自身がポイントだと感じる「サイズ」「ファミリー」「フィールド」というキーワードに沿って、多種多様な3組のゲストと一緒にその可能性や価値観についてのお話を展開してきました。最終回となる本会では、世の中の様々な物事がシェイプアップされていくこれからの成熟社会を考える上で、「シェア」を最後のキーワードとして取り上げます。一般的にその言葉よりイメージされるものからもう一歩踏み込んだ内容になれば良いなと思っていますので、ぜひぜひお越し下さいね。

http://www.muji.com/jp/events/1391/
http://futurestudiofukuoka.com

題名:SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.5
日付:2016/2/7
時間:13:00ー15:00 120分
場所:MUJIキャナルシティ博多店2階OpenMUJIコーナー
定員:20名(ご予約されるとスムーズです)
予約:092-282-2711 / 10:00ー21:00(MUJIキャナルシティ博多)
参加:無料

麻婆丼

2016.01.20 /

写真 2016-01-06 12 22 36

辛さの中に旨味がある、とはよく言いますが、
李香の麻婆丼はまさにそんな感じ。
でも辛い料理にはなかなか慣れません。。

須恵町の現場

2016.01.06 /

genba

昨年末に外部足場が外れ、ついに外観があらわになりました。
現場では内部のつくりがどんどん進んでいます。
天気の良い日は自然光だけでも十分そうです。

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.4

2015.12.24 /


151211_canalcity

新春1月10日、SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.4が開催されます。
今回は暮らすための「フィールド(環境・場所)」をキーワードに、
震災を機に東京から何の縁もなかった福岡へと移住し、アトリエを構え、
地域に根ざして創作を行う革職人の田中立樹氏に色々とお話を伺います。

また、「生き物愛」にあふれた氏が革で創作する様々なアートピースも
会期中展示されますのでそちらも是非ご覧ください。

http://www.muji.com/jp/events/1177/
http://cokeco.net

題名:SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.4
日付:2016/1/10(展示は1/4ー1/10まで)
時間:13:00ー15:00 120分
場所:MUJIキャナルシティ博多店2階OpenMUJIコーナー
定員:20名(ご予約されるとスムーズです)
予約:092-282-2711 / 10:00ー21:00(MUJIキャナルシティ博多)
参加:無料

上棟式

2015.12.12 /

jyoto

先週、福岡市内で工事中の住宅が無事に上棟しました。

住宅の屋根のてっぺんにある梁を棟(むね)と呼ぶのですが、その棟が最後に組まれることで建物の構造、つまり骨組みが完成します。
棟が上がることで骨組みが完成することから上棟と呼ばれ、上棟式ではその棟上げを祝い、大工さんを労い、引き続き工事の安全を祈願します。

上棟式の後には餅まきを行いました。
災いを祓い、みんなで喜びや福を分かち合う、
ご近所のみなさんとのお近づきのご挨拶のようなものです。

新たな土地に住むということは、ご近所さんにとっても建主さんと同じくとてもナイーブなこと。
上棟式や餅まきは、実は失われつつある風習ですが、そのような丁寧な人肌感覚はいつの時代でも大切なことだと思っているためできるだけ行うことをおすすめしています。

1∞ミナカケル

2015.11.22 /

IMGP2295
IMGP2305
IMGP2364
IMGP2323

「ミナペルホネンの今までとこれから」
2012年の三菱地所アルティアムでの個展に続く九州2回目の個展は、とてもハイレベルでした。
目的を見失わず、建築表現に走りすぎない田根さんの空間構成も素晴らしいと感じました。
とにかく見て触れてほしい展示です。
長崎県美術館にて12/6まで。

SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.3

2015.11.19 /


151120_canalcity_151206

来月12月6日、MUJIキャナルシティ博多店2階「OpenMUJI」にて、
SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.3が開催されます。
今回のテーマは「家族と暮らし」。
豊かな暮らしにとって大切な要素は、暮らす場所や広さといった物理的なことだけではなくて、
生活を共にする仲間や家族の存在もとても大きいと思います。

今回のゲストはグラフィックデザイナーであり、ディレクターであり、
そして一児の母でもある(なったばかり)ウフラボ代表の平野由記さんにお越し頂き、
出産育児をしながら働くことや、それを支える家族の存在について、
また、出産育児によって変化した働き方、価値観などについてお話頂きます。
家族との暮らしや働き方を考えるワークショップも行う予定ですのでお楽しみに。

http://www.muji.net/mt/events/event/028398.html
http://oeuflab.com

題名:SIZE OF LIFE「暮らしの抽きだし」vol.3
日付:2015/12/6(展示は11/30ー12/6まで)
時間:13:00ー15:00 120分
場所:MUJIキャナルシティ博多店2階OpenMUJIコーナー
定員:20名(ご予約されるとスムーズです)
予約:092-282-2711 / 10:00ー21:00(MUJIキャナルシティ博多)
参加:無料

開花

2015.11.19 /

IMGP2198_2

花が咲いて
なんだか珈琲が美味しい朝。
今日は行橋からです。

TO GOSHI

2015.11.18 /

IMGP2155
IMGP2158
IMGP2188

縁あって、本格的に活動をはじめたばかりの若い陶芸家のもとを訪ねました。
場所は熊本県合志市。のどかな宅地の中に佇む建材倉庫跡をアトリエとして使用しています。
作業場は手製の木柵で囲われていて、倉庫の裏には野菜畑が、
敷地のコーナーには味わいのある樹木が1本、見守るように立っています。
今後手を加えていけば、もっともっと良い雰囲気の空間になるはず。
本題もそこそこに、そんな頼まれてもいない楽しい想像を交えつつ、
ゆったりとした時間をしばし過ごさせて頂きました。