NOTEQUAL

KOSUKE ARIYOSHI

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

TO SCANDINAVIA 4th day Vol.3

2021.03.31 /

●北欧4日目(⑥〜⑧)

①ヴァルタハムネン・ターミナル → ②徒歩&トラム → ③バーンズホテル → ④スカンセン → ⑤夏至祭 → ⑥徒歩&フェリー → ⑦ガラムスタン → ⑧夕食

4日目その3。(4日目その2はこちら/旅初日はこちら)夏至祭を堪能したあとスカンセンから渡し船に乗って対岸のガラムスタン旧市街へと向かいます。ガラムスタンはスウェーデン語で〔古い町〕という意味らしいのですが、その名の通り情緒豊かな美しい街並みです。意外と街路にアップダウンがあったり極細の路地が随所にあったり、くねくね曲がりくねった街路のおかげでついつい奥の方まで行ってみたくなる歩行者視点の魅力的な街路計画となっています。細い道を抜けたと思ったら小さな広場があったり、そこに唐突に巨木が植えてあったり、急カーブがあったり、その所々での魅力的な店舗との出会いだったり、歩くだけでもとても楽しめる街です。

















食事はフィンランド同様に日本と比べて高価ですが、どれもボリュームがあり美味。ボイルエビを除いて笑 こちらではマッシュポテトが白ごはんのような感覚で、お口直しに食べるような感覚です。



食後は散歩がてらに歩いてホテルまで帰ります。ホテル近くの王立公園では多くの人が思い思いに過ごしていて、とても気持ちが良い光景でした。写真じゃわかりませんが、一応夜です笑 白夜なのでとにかく暗くなりません。




続く

TO SCANDINAVIA 4th day Vol.2

2021.03.31 /

●北欧4日目(⑤)

①ヴァルタハムネン・ターミナル → ②徒歩&トラム → ③バーンズホテル → ④スカンセン → ⑤夏至祭 → ⑥徒歩&フェリー → ⑦ガラムスタン → ⑧夕食

4日目その2。(4日目その1はこちら/旅初日はこちら)迷子になりつつもなんとか夏至祭の会場に到着。北欧は白夜で有名ですがもともと陽があまり昇らない地域ということもあり、一年で最も陽が高く昇る夏至はとても貴重な日として古来より大事にされてきたようです。町の広場にメイポールというつる草や花で飾り付けた柱を立てて、民族衣装を着たり、頭に花飾りをつけた人々が音楽に合わせてその周りを一日中踊ったり火を焚いたりして祝います。夏至祭はスウェーデン北部にあるダーラナ地方が最も有名で本当はそこに行きたかったのですが、旅の都合上今回はスカンセンの夏至祭に参加しました。見ず知らずの方々と手を取り合い踊るのは何だかとても暖かい気持ちになります。日本でなかなかできない経験や文化の端に触れることができて良い思い出になりました。この時期は航空代が高めなのとお店が閉まっていることが多いので何とも言えませんが、この時期でしか経験のできない夏至祭は本当におすすめです。








続く

TO NAGAYU & TAKETA

2021.03.21 /




















大分二日目。この日は長湯温泉、竹田城下町、最後に朝倉文夫記念館と巡っていきます。二日酔いでスタートしましたが、クアパークの重炭酸泉に入ってナント全回復。血流が増大し、凄まじい効能を肌で感じました。ラムネ温泉は低温のため冬季はおすすめできませんが、重炭酸泉は比較的暖かかくておすすめです!
この日は建築事務所らしく、建築もりもり見学デー。ワークヴィジョンズ(チラ見)、象設計集団、山口隆史(チラ見)、藤森照信、坂茂、首藤廣剛(アルカイック)、隈研吾、塩塚隆生、清家清、、お腹いっぱいです笑
どれも見どころありますが、塩塚さんの竹田市立図書館と清家清さんの朝倉文夫記念館が特に良かったかな。建築以外では、リカドのランチも美味しかったし、かどぱんも○、アーティストであるオレクトロニカのお二人が運営する傾く家も良かったし、竹田の石垣もすごく良かった。時間の都合で民具屋に行けなかったことだけが残念!次回の楽しみにとっておこうと思います。

TO NAKATSU & USA

2021.03.21 /













創造的な仕事はインプットも大切とはよく言いますが、日々の膨大な業務に追われてなかなか実行できないのが実情だったりします。まとまった時間が取りにくい場合は、なるべく読書や映画鑑賞(もっぱら自宅鑑賞が多いんですけど)、新しい音楽に触れるなどしていますが、やはり建築は実際の空間体験がとても大切。机上の理論や正論、哲学、はたまた想像や感覚だけでは本当に良い建築はつくれません。建築って、おそらく皆さんが想像しているよりずっとずっと複雑で可能性に溢れていて、面白いものなのですよ。
ということで、先日、事務所スタッフ2人と3人でプチ研修旅行に行ってきました。はじめてのぶらり男3人旅、スタッフ室くんの故郷大分へ。中津経由、宇佐を中心に色々と見て回りました。気になるスポットはたくさんありましたが、近代建築だけではなく、地物を食し、干潟や遺構、神社など幅広く巡ることができました。建築設計には、そのひとの人生そのものが現れるものだと思っているので、建築だけでなく、世の中全方向的に様々な知見を広げることが大切かなと常々思っています。
夜は室くんの古巣でもある建築家の伊藤憲吾さん、伊藤さんのお弟子さんで独立したばかりの若手建築家、原大地さんと合流。もはや何の話をしたかあまり覚えていませんが(勉強になるお話もたくさんして頂き、それは覚えています笑)、散々飲んで三次会までお付き合い頂きました笑 お二方ともとても良い方で楽しい時間でした。ただ、締めのラーメンは余計でした。(美味しかったけど明け方大変で。。笑)