NOTEQUAL

NOTEQUAL

© NOTEQUAL ALL RIGHTS RESERVED.

建築九州賞2017 二次審査通過

2017.09.11 /

鹿児島の住宅改修『鴨池新町の設い』が、
日本建築学会九州支部主催の
建築九州賞2017の二次審査を通過しました。
応募数79作品中、今年は住宅部門から5作品、
一般建築部門から12作品が選出され、
10月中旬から12月初旬にかけて
三次審査の現地審査が行われます。
ご関係者の皆様、あと少しがんばります!

http://news-sv.aij.or.jp/kyushu/sakuhinsho/17-sakuhin.html

JID AWARD 2017 入選

2017.09.06 /

SPUMONI DESIGN STUDIOとの共同による
いとの森の歯科室が、
日本インテリアデザイナー協会主催の
JID AWARD 2017にて入選となりました。
1・2次、現地審査の3次審査、最終審査を経ての
結果で、とても良い経験となりました。
お施主様はじめ、ご関係者の皆様のお力添えに
改めまして感謝申し上げます。

<受賞結果>
http://jid-award.com//html/past_awards2017.html

9月22日に、新宿パークタワーにて授賞式が、
また、以下の日程で受賞作品展が開催されます。
お時間がございましたら是非お立ち寄り下さい。
作品展は、東京の後、名古屋、大阪、福岡を
巡回する予定とのことです。
日程がわかり次第、順次ご報告させて頂きます。

−−

<受賞作品展>
日時:9/21(THU)−9/26(TUE) 10:30−19:00
場所:東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE 6階ロードサイドスクエア
※入場無料

−−

<パートナー>
共同:SPUMONI DESIGN STUDIO
施工:松光建設
什器:牛島木工所
植栽:アトリエ木々
ツール:SOURCE DESIGN OFFICE
写真:針金建築写真事務所

6周年

2017.09.01 /


みなさまに支えられ、
本日で開業6周年を迎えることができました。
7年目ということで、
何か特別な目標があるわけではありませんが、
日々たんたんと、良いと思う選択を
積み重ねていきたいと思います。
これからもどうか変わらず、
仲良くして頂けますと幸いです。

大楠の現場

2017.08.30 /


とある住宅改修が着工しました。
新装、再利用、流用、
オリジナルデザイン、既製品、
デザイナーズ、ヴィンテージ、コンシューマー製品、etc…
どれも方向性が全く異なるキーワード。
空間デザインのセオリーでは、統一感を出す為、
キーワードを2、3個ほどに絞りますが、
今回は、それらをすべて混ぜこぜにします。
とはいえ、もちろん余計なことはしません。
足るを知った上で、機能性、経済性、将来性、
そして意匠性を吟味して
感じ良くまとめて行こうと思います。

自然がそうであるように、
複雑だけど不思議と良いバランスだな、
そんな具合になれば良いなと思います。

お盆休みのお知らせ

2017.08.05 /


誠に勝手ながら、以下の日程でお盆休みとさせて頂きます。
メール等のご返信も休暇明けになる可能性もございます。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

・休暇期間:8月11日〜16日

a house

2017.08.05 /


とある住宅が、お引き渡しを控えています。
今回はとても珍しいかたちですが、
デザイナーの方のトータルサポートとして
建築の取りまとめをさせて頂いています。
構造から素材、ディテール、法規から手続き、
様々な調整や設計を繰り返し、
ようやく全貌がみえてきました。
シンプルだけど表情豊かな、
大らかだけど繊細かつ端正な、
そんな奥行きのある住宅になりそうです。
あともう一息です。

Concert in forest

2017.07.30 /


ジャズ羊羹と聞けばご存知の方もいらっしゃると思います。
湯布院CREEKSの谷川さんがアテンドされ、
スペイン在住のピアニスト”AYAKO FUJIKI”氏の
ソロコンサートが先週末いとの森の歯科室にて
開催されました。

穏やかな陽光と青々とした緑に囲まれ、
スタインウェイと一流のピアニストによる
最高の音に満ちた至福の一時。
コンサート終了後は懇親会にもお呼ばれ頂き、
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
みなさん本当に気さくで情熱的で素敵な方。
僕も自分らしく、自分にできることを、
引き続き磨いていこうと思います。


−−−

ジャズとようかん
http://www.jazz-youkan.com/

AYAKO FUJIKI
http://ayakofujiki.com/

いとの森の歯科室
http://notequal.jp/project/1348
https://www.ito-mori.com/

floatan

2017.07.26 /


事務所の近くに素敵な場所がまたひとつできました。
ギャラリー付きのカレー屋さん。
工事中から見学させて頂いていましたが、
突き抜けたインテリアに唸りっぱなし。
食後は、MANLY COFFEEさんで
エアロプレスのアイスコーヒーを頂きながらしばし談笑。
floatanさん、おめでとうございます!


−−−

MANLY COFFEE
http://manly-coffee.com/

floatan
http://floatan.co/

棚の間

2017.07.17 /


数年前に別会社にてデザイン改修済み住宅の、
再改修プロジェクトが大筋完了しました。
劇的な改修ではなく、既存の意匠を尊重し、
まるではじめからそうであったかのような、
でも確実に利便性や空間性が向上する設計を
最小限の手数で行っています。

改修は色々と行っていますが、
特にメインとなるのが、このLDKの一角。
LDKに隣接した寝室を解体し、ワークスペースに改修しました。
既存寝室の押入から渦巻き状に棚が延伸し、
LDKの一部を抱き込むようにして生まれた
中央部の空間が書斎となっています。
棚はその全体が収納であり、間仕切りであり、
ディスプレイスペースであり、そしてワークスペースです。
様々な奥行や幅、表や裏、方位や位置によって、
使い方や置く物の性格を柔らかく分類できるようになっています。
住まい手が自身で考え使う為の余白の計画です。
書斎は壁や扉で仕切っていない為、
LDKと柔らかに繋がり、適度に離れ、
家族の気配を感じながら想い想いに過ごす事ができます。

暮らしに合わない空間に住むということは、
サイズの合っていない服を着ているようなもの。
住まいは毎日使うもの、永く使うものなので、
もし何かに不安や不満をお持ちであるなら、
身近なプロにできるだけ早くご相談されることを
お勧めします。

余談ですが、、最後の画像、
宮島達男さんのアートみたいになっていますが
まったくの偶然です笑